人によっては痛みがある場合も

表皮が柔らかい部位は痛みが強い

体中の体毛を除去する全身脱毛は美肌を保つ効果が高いことから広く普及しています。全身脱毛専用の設備を導入するエステサロンも少なくありませんが、その一方で脱毛処理に適さない肌質の人が全身脱毛を受けてトラブルに至るケースも稀に存在します。全身脱毛に関するトラブルで多いのが強い痛みですが、これは体の部位によって痛みの感じ方が異なるのが原因です。基本的に脱毛は肌に強い刺激をもたらす行為なので多少でも痛みを感じるのが普通です。中でも脇や股間など表皮が柔らかく弾力性に富んでいる部位は特に痛みを強く感じるとされていますが、これは脱毛の際に毛穴の周囲の表皮が強く引っ張られるためです。そのため、エステサロンによっては脇や股間の脱毛を行わない所があります。

日焼けやかさぶたなどが痛みを増幅させることもある

全身脱毛で感じる痛みの強さは肌のコンディションも大きく関係しています。同じ部位の脱毛でも日焼けやかさぶたなど、肌に何らかの問題が生じていると強い痛みを感じます。神経が過敏になり、同程度の刺激でも痛みが強く伝わってしまうのです。このような状態で脱毛処理を続けると肌の角質化や色素沈着などの重大なトラブルに至るおそれがあります。綺麗な仕上がりを期待して行った全身脱毛により、却って肌の状態が悪くなってしまう可能性は否定できません。美肌を保ちながら脱毛処理を行うには肌のコンディションに気を配り、少しでも問題が生じていたら回復するまで脱毛は行わないなど慎重に判断する必要もあります。肌トラブルを専門に手掛ける医療機関で検査を受けるのもひとつの方法です。